部下が言うことを聞かない理由は、上司との関係性が作られていないのが原因だ! - そらブログ

部下が言うことを聞かない理由は、上司との関係性が作られていないのが原因だ!

  1. HOME >
  2. 仕事 >

部下が言うことを聞かない理由は、上司との関係性が作られていないのが原因だ!

スポンサーリンク

 

仕事をしていると、

部下が言うことを聞かない

上司が使えない

なんてグチのラリーがよく聞こえてきますよね?

 

 

お互いの言い分もあるでしょうが、

基本的には上司に問題があることが大半です

 

結論から言うと、こんな上司でなければ今の時代部下は言うことを聞きません。

  1. 仕事以外の話をする
  2. 相手のタイミングを見る
  3. 自分の弱みを見せる
  4. 自分の強みを見せる
  5. 仕事を任せる

 

上司は部下時代の気持ちを忘れていたり、

部下は上司の立場になったこともないのに発言したりするのでミゾが生まれてしまうんですよね。

 

 

今回は部下寄り目線での話なので、「部下が言うことを聞かない」と思う上司の皆さんは

部下はなぜ自分の言うことを聞かないのか?を考え直すきっかけになればと思います。

 

筆者紹介

カラスイ

  • カラスイという名義で日常心理学を発信中
  • 育成が趣味で出会ったメンティー 500人オーバー
  • 6歳になる娘と楽しく成長中

 

この記事は、こんな方におすすめ

  • 部下が仕事をしてくれない
  • 部下とのコミュニケーションがとれているつもりな人
  • 実績を上げて評価されたい

 

この記事を最後まで読むことで、コミュニケーション能力の大切さ

どうすればコミュニケーションをうまくとれるのかを具体的に紹介します。

部下が言うことを聞かない理由は、上司との関係性が作られていないのが原因だ!

大声を出す上司

いきなり直球ですが、部下が話を聞いてくれないのはあなたの言葉や普段の態度に

不満があることを理解することから始まります。

 

 

部下なんだから言うことを聞くのが当然だろ?

 

こんな考え方では自分の首をしめつけていくだけです。

 

 

 

心理学的に人は「話を聞ける状態」を無視して、他人のタイミングで話されると

嫌悪感を抱きます。

 

 

その積み重ねが「言うことを聞いてくれない状態」になるのですね。

 

 

あなたが今いる現場を良いものにしたいと考えるのであれば、

そもそも組織で働くこととはどういうことか?をもう一度振り返る必要があります。

 

部下が言うことを聞かないのは、上司の行動や発言に魅力がないからです

そもそも部下が言うことを聞かないのは何が原因なのか?

直球で言うと、ほとんどの理由はあなたの行動や言葉に魅力がないからです。

 

 

威圧的な命令口調や、優しいだけの言葉では人は動きません。

 

人が動くときは自分のために上司が動いてくれたり、感情を揺さぶられた時なのです。

 

 

そもそも強い組織とは?

他人の中に入る人

トップダウン(上の指示)とボトムアップ(下の意見)が機能する組織とは、

リーダー(上司)とフォロワー(部下)の関係を向上させることで上向きの影響力を与えます。

 

 

弱い組織の多くに聞く意見としては、過去の仕事でリーダーとフォロワーの関係性が悪く

主に会社のトップダウンを『リーダーのみの意見』で構築する会社が多いことが分かりました。

 

 

強いリーダーシップは必要だが、権力を行使し、ボトムアップを行わない。

 

しかし皮肉にも恐怖政治により数字は作る

 

 

 

会社としては必要なのかもしれませんが、

フォロワーの支持率は低く離職率を上げる悪循環を起こしている、、という意見がありました。

 

 

フォロワーシップとは 補完 支援 貢献力 批判 提案力

指示する上司

組織が良い方向に向かう為には、

リーダーである自分は何が出来るか?ということを常に考えて行動するということ。

 

以前僕はこんなツイートをしました。

 

ポイント

自分の頭で考え最善の行動でき、もしミスをしても上司が責任を取る環境が理想です。

 

まぁ、、、ハッキリ言って理想ですね。。

 

 

現状は、

上司は「自分で考えて行動しろ」と言うのに、ミスをすれば「なぜ勝手にするんだ!」と怒る。

部下は混乱し、自分で考えることをやめて指示待ち人間となる。

 

これがほとんどの会社の実態です。

 

⬇️リーダーシップに関してスキルアップしたい方はこちらから習得してみてください。

リーダーシップとは簡単に言えばチームをゴールに導いてくれる「司令塔」的存在

 

 

健全なる対立は大きなプラスの効果をもたらす

文字を並べる男性

苦言の内容が自分の立場(自己利益)を考えたものであってはいけない。

 

 

自分の立場を利用した支配的教育などをしてしまうと、部下から改善の発言はなくなり

トップの考えがバージョンアップされないままなら組織は衰退してしまいます。

 

 

そうならないための健全な話し合いの場を作ることが、

組織の成長につながると言う考え方ですね。

 

 

正論を唱えるだけの上司の言葉になんの価値もありません

 

 

部下が話を聞いてくれて、自発的な行動を取れる人材にするにはどうすれば良いのか?

鴨頭さんの講演もとてもためになります。

 

 

部下を活かし、チームと自分を活かす

まとめの矢印

  • 報告、連絡、相談(最近だと雑談+相談)ザッソウ
  • 信頼構築
  • 上司を観察し、模範点を取り入れていく
  • 自分を省みて改善点を探す習慣付けをする

 

サッカーなどの組織プレーを見るとわかりやすい気がしますが、

トップは監督、もしくは司令塔として組織の大事な部分として活動しなければいけません。

 

 

上司は部下を活かし、部下は上司に助けてもらえる信頼関係を作っていくことが大事なので、

次のコミュニケーションに繋がります。

 

コミュニケーション能力の重要性

階段を登る人

  • 攻撃的アサーション
  • 受動的アサーティブ

 

自他を尊重した自己表現もしくは自己主張のことですが、

 

簡単に言うと相手の立場とか、気持ちとか、どう言う意図で伝えようとしてるのか?

などを考えた上でコミュニケーションをとりなさいということです。

 

 

もっと砕くと、

「上司は部下の機嫌を普段から上手にとりましょう」

「部下は上司を怖がらずに本音で話しましょう」

ってことですね(もちろん最低限のマナーは守った上でですよ?)

 

⬇️アサーションに関してはこちらで詳しく紹介しています。

アサーションを取り入れたコミュニケーション術であなたの居場所は作れる!!

 

 

リーダーとフォロワーの関係性をさらに強め、組織としての強化を図る為には

リーダーとのコミュニケーションをより深く取る必要が絶対です(そこが最大に難しい!!)

 

 

仕事中に仕事以外の話が出来る関係を作る

会議

上司は部下の趣味や家族構成、好きなタレントなど会話のネタにアンテナを張り、

心理学を学び部下を働きやすいように誘導させる。

 

 

部下は上司を恐れず建前と本音の両方話せる準備はしておく。

 

トップダウンしか伝えられない上司は必要ない存在なんです。

 

 

 

部下に対して、

仕事ができないとか、仕事が遅いとか、頭が悪いとかを本気で思っているのなら、

それはあなたに部下とコミュニケーションをとる力がありませんよって

自分で認めていることになります

 

悲しくなるのでそれはやめましょう。

 

 

今の時代コンプライアンスもしっかりしてきたので、昔みたいな熱血系は流行りません

 

 

自分の為、会社の為と思えるならつまらないプライドは

今すぐ捨てた方が責任者として今後プラスにはたらくでしょう。

 

 

とはいえ、会社の数字を上げる為にはすぐに行動をしなければいけません。

(今だとコロナショックが去った後、以前と同じ考えの会社はV字回復などしないでしょう)

 

 

状況判断能力を高める人間力アップを目指さなければいけません。

 

 

まずは部下の本音をフラットな状態で聞ける環境を作り、

何を言われてもそれが今の本音なんだと受け入れることから始めましょう

 

アンテナを持つ手

 

これまでたくさんの退職された方や、辞めようと考えている方に話を聞くと、

  • より収入の良い仕事がみつかった
  • 人間関係が悪く面白くない
  • 女性スタッフの仕事へのモチベーション

などが多くありました。

 

 

本来はその環境をフォロワーも自身で変える行動をすべきなのでしょうが、

社歴が若いスタッフは発言力が弱く、相談出来る良き先輩がいないと

退職を常に考えているようです。

 

 

実際社歴が長くても会社は都合よく利用してきますからね。

パワハラ上司との付き合い方はこうする!知っておくべき実践方法『5選』

アサーションを取り入れたコミュニケーション術であなたの居場所は作れる!!

嫌われる上司の特徴3つを知り、嫌われない上司の特徴3つを押さえよう!

 

部下が言うことを聞かない理由は、上司との関係性が作られていないのが原因だ!  まとめ

握手する男性

リーダーとフォロワーの関係性をより良くする行動を常に起こし、

業務以外にもたくさん学ぶことが出来て楽しいと思えるコミュニケーションを考えましょう。

 

 

より良い店作り、会社作りを目指をする為には

明日から1日1つでも良いのでいつもと違うアクションを起こしていきましょう。

 

ポイントのおさらいです。

ポイント

  1. 仕事以外の話をする
  2. 相手のタイミングを見る
  3. 自分の弱みを見せる
  4. 自分の強みを見せる
  5. 仕事を任せる

 

 

あなたがこれからもサラリーマンを続ける気があるのなら

くだらないメールを部下に送ったり上司にへつらったりすることを、

少しずつでもいいのでやめてしまって

魅力的なリーダーになることが本当の意味で会社の利益になるということを知りましょう。

「新卒1年目が辞めない育成方法」褒めて叱って褒めて伸ばしていくこと

接客業に向いてない?「売れる販売員」が意識的に使っている「3つの力」を習得せよ

頼みごとが上手い人は心理学コミュニケーションを実践している!!

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

karasui

はじめまして カラスイです。 眼鏡販売の会社で働きながらブログを書いています。 日常で使える心理学を少しでも学ぶことで、対人関係で起こるほとんどのことは好転する!をテーマに「時間管理術」「子育て」「恋愛」をイージーモードにする方法を紹介しています。 眼鏡屋関係の方が役に立つnoteは下の緑ボタンより           ⬇️

-仕事
-

© 2024 そらブログ Powered by AFFINGER5