子育ては環境作りが重要!「育児の負担を減らす行動3選」を紹介します! - そらブログ

子育ては環境作りが重要!「育児の負担を減らす行動3選」を紹介します!

  1. HOME >
  2. 子育て >

子育ては環境作りが重要!「育児の負担を減らす行動3選」を紹介します!

スポンサーリンク

 

子育てはお金、体力、精神力が大量に消費され、いつの間にか「なんで自分はこんなことしてるんだろう、、、」

 

こんな思考に入ってしまう方がたくさんいますよね?

 

お母さん
夫は協力してくれないし、どうしたらいいのか分からないわ

 

 

多くの人は子育てに悩んでいるのに、なぜか子育てを楽にする方法をとりません

 

 

 

結論から言うと、「育児は従わせるのではなく環境を整えること」です。

 

 

今の時代、便利な家電や家事代行サービスがいくらでもあるにもかかわらず

「自分の力だけでこれぐらいできないと、、、」みたいな謎の価値観に縛られていませんか?

 

断言できますが、その価値観「間違っています」。

 

筆者紹介

カラスイ

  • カラスイという名義で日常心理学を発信中
  • 育成が趣味で出会ったメンティー 500人オーバー
  • 6歳になる娘と楽しく成長中

この記事は、こんな方におすすめ

  • 子育てが初めてで家事と育児を両立できない
  • 子育てに追われて自分の時間が全くない
  • 子育てしていく自信がなくなってきている

 

この記事を最後まで読むことで、子育てに対する考え方が楽になり

「これからどうすれば自分や子供たちが幸せに向かっていけるのか?」がわかります。

 

子育てに疲れてしまった人がこの記事を読むことで少しでも心が穏やかになり、

子育てに対する正しい認識を持ってもらえたら幸いです。

 

 

⬇️無料で参考資料を試し読みする。

松丸家の育て方

子育ては心理学でラクになる

不機嫌な妻 無関心な夫うまくいっている夫婦の話し方

 

子育ては環境作りが重要!「育児の負担を減らす行動3選」を紹介します!

海を眺める女性

初めての育児の場合、ものすごく意気込んでしまい失敗するケースがほとんどです。

 

よくある意気込みケースで、

親のエゴで子供にプロの〇〇を目指させる!!とか、自分ができなかったことをやらせたいなど。

 

幼少期に特殊な訓練をしなければいけないもの以外、未来なんてすぐに変化します。

 

もう1度よく考えてください

 

「あなたの子供にあなたは何をさせるつもりですか?」

 

お母さん
人並みに幸せになってほしいだけなんだけど、、、

 

 

無責任すぎるのもいけませんが、多くの親御さんは力が入りすぎています

 

 

「〇〇するべき」とか、「〇〇しなければならない」という思考は今すぐ投げ捨ててください

 

 

子育てとは命を育てる尊いことであるにもかかわらず、

多くの人が間違った「〇〇すべき思考」に陥り自分の体や精神を壊し、

最終的に放棄してしまうこともよくあります。

 

子供の将来を考えてムリして育児をして、育児放棄するのって本末転倒じゃないですか?

 

 

疲れて最終的に放棄してしまうくらいなら、

初めから気楽な気持ちで子育てができる環境を作りましょうよ。

 

 

子育てに疲れてしまっている方は正しい方法を学び、

ポイント

子育てはそんなに苦しんでするものじゃない

ということを知ってください。

 

お母さん
子供のためにって思いすぎるのも逆にいけないのね、、、

 

 

とはいえ、じゃあどうすればいいのか?というのを次の項目で紹介していきますね。

 

子育てに疲れた時こそ考える「負担を減らせる行動3選」

料理する女性

今の世の中、便利な物やサービスがたくさんあるのをご存知でしょうか?

 

お母さん
なんとなく聞いたことあるけどお金かかるのよね、、、?

 

仮に知っていたとしても「めんどくさいし、そんなものにかけるお金はない」と思うのであれば、

どうぞ自分の力で今の子育てを続けてください。

 

 

しかしこの記事を読んでいると言うことは、

少なからず「自分の力だけでは限界が近い」ということをなんとなく考えているからですよね?

 

 

多くの人はお金の使い方を知らずに「何かあった時のために、、、」と貯蓄し、

どうでもいいブランド品やムダな保険にお金をかけまくるんですよ。

 

趣味などにお金を使うのは別にいいのですが「浪費」と「消費」の違いは区別しましょう。

 

 

あなたに今必要な「消費」は自分の時間をお金で確保し、

「子育てに対するストレスを少しでも減らすこと」です。

 

ポイント

心に余裕を持って育児ができる環境にお金をかけることは決してムダな投資ではありません。

 

 

⬇️そこでまずはリベラルアーツ大学の動画で家電に対する価値観を変えてください。

 

子育ての負担を減らす行動その1 パートナーを教育する

料理する男性

兎にも角にも、まずあなたが今することは「パートナーを教育すること」です。

 

「え、育児じゃないの?」と思うかもですが、あなたが今限界に近いそもそもの理由は

パートナーが協力的じゃないからではないですか?

 

パートナーが協力的であればそもそもあなたの負担はそこまできつくないでしょうから、

今の状態にはなっていないと予測できるからです。

 

お母さん
パートナーがもう少し協力的ならもっと余裕があるのに聞いてくれないのよね、、、

 

 

育児をしないパートナーへの教育ですが、まず初めに「自分の限界をはっきりと伝えること」です。

 

おそらく「それぐらいもできないのか」とか「こっちは仕事してるんだよ」とか

幻滅しそうなテンプレワードを言ってくるかもですが、そこでイラッとする気持ちをグッと堪えて

じゃあ今度の休みにこれやってみて」と育児を1日1人でやらせるリストを渡しましょう。

 

 

拒否しそうなら、日給いくらか相談してでもやらせましょう。(5000円くらいでいいです)

 

それでも拒否してくるなら「あ、できないんだ」とプライドを刺激してあげましょう。

 

 

お金が手に入るならおそらく「やる」というでしょうし、そんなお金もったいないと思うかもですが

初めに言った「必要経費」だと思ってやらせることが大切です。

仲の良い夫婦

 

このパートナー教育ポイントは、

ポイント

育児に関わることでパートナーの育児に対する価値観を壊すこと

パートナーにお金を渡すことであなたの時間が確保できること

この後要求する家電製品の購入に文句を言わせないため

 

お母さん
お金を払うのは頭にくるけど、育児の大変さを体験してもらうにはいいのかも、、、

 

 

少ないお金を投資することで、パートナーの育児に対する考え方を変えることができたり

あなたの時間が手に入ったりといいことだらけですのでぜひ行動に移しましょう。

 

うまくいけば育児の大変さを理解し、

今後日給を払わず育児に参加させることができるかもしれませんね。

 

 

もし「家事や育児は女性が全部するものだ」と言ってくるなら、

負担を軽減するためにせめて月給30万円以上稼いでくれる?と言い放ちましょう。

 

それ以下の収入で忙しくて疲れる仕事はただのブラック企業か、

パートナーの要領が悪い可能性が高いので遠慮はいりません。

 

ポイント

育児は仕事をしているから参加しなくても良いというものではないことを教育することが大切。

 

⬇️パートナーを教育するために必要なことは、こちらも参考にしてください。

育児の負担は減らすには、夫婦の関係が熱いうちに「3つのマウント」を取るべし!

 

 

子育ての負担を減らす行動その2 便利家電を購入する

乾燥機付き洗濯機

便利家電はそこそこお高いです。

 

お母さん
何十万もする家電は気が引けるのよね、、、普通のでも十分だし、、、

 

 

普通の家電では最低限のことは出来ても、あなたの時間や体力、精神力をカバーしきれませんので

ここはケチらない思考に変えていきましょう。

 

なので今すぐ購入は無理かもですが、ボーナスなどに合わせて購入を検討できるように

パートナーとある程度の育児の負担を共有しておくことが大切です。

 

 

パートナーを教育できていれば家電を買うことに文句を言ってこないでしょうし、

買わないのならそれに変わる負担をパートナーにさせる脅迫めいたことを言うのもいいでしょう。

 

パートナーもお金で解決できるのであれば自分の時間を減らしたくはないでしょうからね。

 

掃除ロボット

 

家事の負担を減らす3種の神器家電を紹介しますが、

下記のところから直接購入せずに(高いので)「こういうのがあるんだ〜」と、

電気屋さんで購入検討前の予備知識として見てくださいね。

 

ドラム式  ハイブリッド乾燥 洗剤自動投入 シルバー 洗濯

ルンバ  自動充電・運転再開 吸引力 Alexa対応

 食器洗い乾燥機 

 

便利家電は初期投資こそ高いですが、時間価値で換算したら余裕でお釣りが来ます

 

一気には買えなくても、優先順位の高い順から揃えていきましょう。

 

食器洗い乾燥機

 

おすすめは、

  1. ドラム式  ハイブリッド乾燥 洗剤自動投入 シルバー 洗濯
  2. 食器洗い乾燥機 
  3. ルンバ  自動充電・運転再開 吸引力 Alexa対応

の順です。

 

子育ての負担を減らす行動その3 家事代行サービスを活用する

料理する女性

子供の面倒を見ながら調理場で料理なんて神業ですよね?

 

お母さん
長時間火をかける料理なんて作れないわ、、、

 

 

スマホやテレビを見せておけば多少静かにしてくれるかもですが、そこに依存するのも

あんまり良くはないと思います。

 

そこでおすすめしたいのが、我が家も活用している家事代行サービス

 

 

みなさん知ってるようであんまり活用されていないのが不思議です。

 

継続的にお願いすると確かにコストはかかってきますが、家計に無理ない程度にプラン設計すれば

確実にあなたの育児負担が減りますのでマジでおすすめです

「2022年最新版」家事代行サービス3社を比較!あなたに最適なサービスはこれだ!

 

ちなみに我が家の場合は奥さんが「うつ」による認定をもらっているので、

市のサービスとして少し安く利用させてもらっています。

障害福祉サービスについて

 

我が家の受けているサービス内容は、あくまで奥さんの「調理補助」という名目で調理をしてくれて

1回2時間「調理のみ」週3回で5千円ほどです。

 

 

サービス内容によって価格は変わると思いますが、ご自身で「これは自分でやるけどこれをお願いしたい」など

相談して決めることもできるので、部分的にお任せするのも1つの方法です。

 

仲良く料理する女性

 

初めは「自分の家に見知らぬ人を入れたくない」といったパートナーの意見もあるかもですが、

見られたくない場所や入られたくない場所は相談で決めることができます。

 

1度利用してみたら「美味しいご飯が食べられる!」ということで「利用してよかった!!」と

ほとんどの利用者が口コミでも言っています。(僕もその1人)

 

少し年上の人だったけど凄く気配りができる人で満足
家にある食材で品数もたくさん作ってくれて嬉しい
携帯の音を切ってないからかしょっちゅう音が鳴って不快な時がある
人材不足でドタキャンされたことがある

 

とまぁ、どこのサービスも結局「人」なところがあるので、当たり外れはあるみたいですね。

 

 

実際我が家も料理があんまり上手じゃない人は申し訳ないですけど

事務所に言って変えてもらったり、話すリズムが合わない方は変えてもらったりしています。

 

ちょい厳しいかもですがサービスを活用してストレスになったら意味がなくなるので、

そこは気にせず言わせてもらってOKだと思います。

 

ポイント

安すぎても人材が微妙だし高すぎてもクオリティを求めてしまいストレスになるので、

部分的なサービスからお願いする2時間6000円くらいのところが無難。


 

「2022年最新版」家事代行サービス3社を比較!あなたに最適なサービスはこれだ!

 

いくつかの家事代行サービスにあなたの希望したいプランを見積もりで出してもらい、

コストを抑えながらクオリティの高い業者を選びましょう。

 

ここでポイントなのは先ほども書きましたが、

どこのサービスも「人 」なので「合う合わない」が存在します。

 

料理する人

 

1番大切なのは、あなたがいかにストレスなく育児に専念したり自分の自由な時間を生み出せるか?

ということを忘れないようにしましょう。

 

良い人がいるサービスを見つけたら定期割引などを活用して、家計の負担を減らすのも

テクニックの1つですね。

 

子育ては環境作りが重要!「育児の負担を減らす行動3選」を紹介します!まとめ

旅行に出かける女性

今回紹介したあなたの負担を減らす行動3選は、「お金で時間と労力を買う」ことに

全力コミットしたものです。

 

 

そんなお金ないよ!!」という方は、まずお金の使い方をもう1度考え直して

「何が1番大切で、何にお金を投資することが大切なのか?」を真剣に考えてみましょう。

 

 

例えば「子供の習い事にお金をかけたい!」などの気持ちもわかりますが、あなたの時間とお金と労力は

将来役に立つかもわからない習い事で消えていいのでしょうか?

 

 

まずは育児をする環境を整えてから、余裕があれば習い事などにお金を回したりしましょう。

 

お金の知識に関しては、こちらも参考にしながらお金の運用をしてみてくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

⬇️自分の時間を自己投資で作り出すなら我が家も導入している家事代行サービスも便利ですよ。

これからはこんなサービスがスタンダードになっていくと思いますね。

「2022年最新版」家事代行サービス3社を比較!あなたに最適なサービスはこれだ!

 

 

⬇️無料で参考資料を試し読みする。

松丸家の育て方

子育ては心理学でラクになる

不機嫌な妻 無関心な夫うまくいっている夫婦の話し方

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

karasui

はじめまして カラスイです。 眼鏡販売の会社で働きながらブログを書いています。 日常で使える心理学を少しでも学ぶことで、対人関係で起こるほとんどのことは好転する!をテーマに「時間管理術」「子育て」「恋愛」をイージーモードにする方法を紹介しています。 眼鏡屋関係の方が役に立つnoteは下の緑ボタンより           ⬇️

-子育て
-

© 2024 そらブログ Powered by AFFINGER5