「モノビジョン」眼鏡処方の注意点!メリットよりもデメリットが多い!? - そらブログ

「モノビジョン」眼鏡処方の注意点!メリットよりもデメリットが多い!?

  1. HOME >
  2. 視力検査 >

「モノビジョン」眼鏡処方の注意点!メリットよりもデメリットが多い!?

スポンサーリンク

 

みなさまはモノビジョンと呼ばれる目の状態をご存知でしょうか?

 

簡単に言えば、左右の視力が極端に違うことで片方の目に負荷が強くかかり疲れやすくなる状態です。

 

 

今回はモノビジョンと呼ばれるちょっと特質系な方が来店された場合の処方テンプレや、


メリットデメリットを解説していきます。

 

筆者紹介

カラスイ

  • 眼鏡業界10年以上、育成が趣味で出会ったメンティー 500人オーバー
  • カラスイという名義で日常心理学を発信中
  • 7歳になる娘と楽しく成長中

この記事は、こんな方におすすめ

  • 視力測定初心者
  • 不同視に対する処方テンプレが知りたい
  • モノビジョンのメリット・デメリットが知りたい


この記事を最後まで読むことで、不同視(モノビジョン)に対する眼鏡度数処方のテンプレがわかり

伝わりやすい説明ができるようになります。

 

僕自身が不同視なので、実際の見え方や生活でどんな使い方をしているかの信憑性は高いと思います。

 

⬇️参考資料

視力測定テンプレまとめ 

 

モノビジョンてどんな見え方するの

PC

片眼は近くが見えて、もう片方の目は遠くが見えるように調整することで、

両眼で見た時に近くも遠くも見えるような状態です。

 


特に立体視が苦手(遠近感がつかみにくい状態)だったり、乗り物に酔いやすい気がしますね。

 

 

左右の差が大きいので基本的に利き目がメインで遠くか近くのどちらかを見ていることが多く、

意識的に片目で見ないと左右の差に気づくことがありません。

 

 

夕方になると疲れやすかったり乗り物に酔いやすい方はその要素があることが多いですね。

 

 

一般的には眼鏡やコンタクトの処方でもレーシックでも白内障の手術でも、左右の度数はあまり違わないように合わせます。

 

 

不同視との違いは、左右の差がどのくらい開いているか?ですかね。

 

不同視は「2D以上の差があれば不同視」と言われますが、

例えば度数が右目S-2.00で左目がS-4.00とかですね。

 

視力で言えば、片方が視力1.0で片方が0.5みたいなイメージです。


視力測定で知っておくべき知識とスキル 不同視 混合性乱視編

 

 

モノビジョンは左右の差が不同視ほどではない場合も多いですが、

個人的には左右差が1.5Dくらいの微妙な差なのかな〜と思っています。

 

 

ちなみに僕の目の矯正値は、


右目 S-0.50
左目S-0.25 C-3.00 AX180

というように左目が乱視強め。

視力としては裸眼で右目が1.0で左目が0.6くらいです。

 

モノビジョンを眼鏡以外で矯正するメリット・デメリット

挨拶

モノビジョンを矯正するために、片目にコンタクトを入れる方法があります。

 

本来左右差を軽減するために使われることが多いようですが、あえて左右差をつけることでモノビジョンにする方法です。

 

コンタクトを使用して、モノビジョンにするメリット

眼鏡の遠近両用に慣れにくい場合など、コンタクトを使えば自分の眼のみで遠方と近方を見分けることができる。

 

コンタクト処方も基本的には左右同じの視力になるようにするみたいですが、

眼鏡の遠近両用に慣れられない50代や、コンタクトの遠近両用だと満足感が得られない人に

あえて利き目にコンタクトを入れ遠く用の視力に合わせ、反対側を裸眼の近くを見るモノビジョンにする方法です。

 

 

モノビジョンにするデメリット

元々が不同視であればそこまで違和感はないでしょうが、ある程度揃っているバランスをあえて違うようにするということは

今後ずっとそのバランスに慣れていかなければいけません。

 

 

遠近両用に慣れにくくても、遠方眼鏡と近方眼鏡を使い分ける方が今後の目のために良い気はしますね。

 

モノビジョン体験者に聞いてみた

眼科さんできちんと説明を受けた上で体験された方に話を聞いたところ、

コンタクトでわざと視力をずらすやり方は40代くらいの方には慣れにくい場合もありますが、

50代になったらあんまり気にならない様でした。(おそらく個人差があります)

 

白内障の場合もあえてずらすことが出来るらしいですが、目がモヤモヤっとすることが多い方はお医者さんにご相談ください。

白内障手術

 

ちなみに保険はきかないようですが、50万円くらいで遠近両用にもできるらしいのですが、

あんまり効果がなかったという声も熱のでリスクもある様ですね。

 

モノビジョンの眼鏡処方テンプレを解説します

検査される人

 

視力検査時にモノビジョンのお客さんに当たった時に見るべきポイントとテンプレ処方を解説します。

 

 

まずモノビジョンのお客さんのパターンとしては、

主訴が

  1. 近視の場合は遠くが見えにくいというパターン
  2. 遠視の場合は近くが見えにくいというパターン

このどちらかになると考えられます。

 

そして大体の場合お客さんは自分の目が

モノビジョンな仕様になっていることに気づいてないことが多いです。

 

まずは片目ずつの視力を明確にしてお伝えすることから始めましょう。

 

 

⬇️老眼鏡を作る時はこちらの記事も合わせて参考にしてください。

老眼の見え方はどう合わせる?老眼検査は距離を理解すれば処方は意外と簡単!!

 

モノビジョンの眼鏡処方テンプレート

 

⬇️40代であればまだ違和感に対応しやすいが、左右差を揃えすぎるのは避けましょう。

40代以下で、左右差が-1.00以内なら多少バランス調整してもOK。

例1 裸眼視力 右目0.5 左目0.2  両目で0.5
   矯正値 右S-2.00 左S-3.00 ADD1.75

主訴 遠く見えない 1本の眼鏡で両方見たい。

処方例
右S-1.50 左S-2.00で視力が両目1.0でバランスが同じくらいになった時、
左右バランスを調整した上でADD1.50ぐらいで遠近両用OK。

 

例2 裸眼視力 右目0.5 左目0.2  両目で0.5
   矯正値 右S-2.00 左S-3.00 ADD1.75

主訴 遠く見えない 手元は外して見ても良い。

処方例
右S-1.50 左S-2.00で視力が両目1.0でバランスが同じくらいになった時、
左右バランス調整した上で遠用眼鏡で作成し、手元は眼鏡を外して見るでOK。

 

例3 裸眼視力 右目0.4 左目0.2  両目で0.7
   矯正値 右S-1.50  左S-3.50 ADD1.50

不同視タイプ。

主訴 遠方が見えにくいが遠近両用は慣れにくい。1本で遠方近方両方見たい。

処方例
右S-1.00 左S-2.00 右目の視力が0.8ぐらいで左目の視力が0.5ぐらいであれば、
右目で遠方、左目で近方を見ることができると思います。

元々がモノビジョンであれば遠方が見えにくい目を遠方に矯正しすぎなければOK。

左右差に違和感が出るようであれば、妥協できる左右差の度数まで相談しながら決めて
妥協点が見つからなければモノビジョン処方はあきらめて眼鏡の使い分けを提案する。

 

⬇️50代から先はバランス調整にほぼ慣れられないことが多いので、基本的には小さく近づける程度に留めるのが無難。

 

50代以上で、左右差がS-2.00ならほとんどバランス調整しない考えを優先する。


 例1 裸眼 右目0.5 左目0.1  両目で0.6
   矯正値 右S-1.00 左S-4.00 ADD2.00
   KBなしで眼鏡初めて

モノビジョンタイプ。

主訴 遠く見えないので遠く見やすくしたい。


このパターンが1番注意です。

まずこのパターンで失敗するのが、

1、安易に左右差をなくすと慣れられないこと
2、左目を遠く見やすく上げすぎると眼鏡で手元見えなくなること
3、どっちの目が遠く見えにくいのか?(利き目など)を確認しなかった

処方例
右S-0.75 左S-2.00 右目の視力が0.8ぐらいで左目の視力が0.4ぐらいであれば、
右目で遠方、左目で近方を見ることができると思います。

このパターンはお客さんに
まずモノビジョンであることを理解できるように説明してその上でバランスは整えると今すぐは慣れにくいことと、

「度数を遠く見えるようにすると手元見えなくなるから遠近両用がありますけど、おそらく慣れにくいですよ、、」

と説明し試してもらう。

または、右目だけ少し度数入れて遠くを見てもらい、左目は度なしでそのままで近くを見てくださいと説明するかですね。

 

眼鏡

ちょっとわかりにくいかもしれないですが、

要はKBがあるなら同じバランスのまま上げ下げする。
(KBがないなら裸眼のバランスのまま上げ下げする)

 

バランスを整えて慣れられるのは40代までで、

50代でモノビジョンになっている方に「初めての遠近両用眼鏡は慣れにくい」となんとなく思えばOKです。

 

「モノビジョン」眼鏡処方の注意点!メリットよりもデメリットが多い!? まとめ

検査中の男性

今回はモノビジョンについて書いて見ましたが、実際には遠視や乱視も入ってくるので困惑しそうですね。

 

⬇️乱視処方についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

「乱視度数が強くても怖くない!」失敗しない乱視処方を例題付きで解説します

 

⬇️今回のおさらいです。

  1. モノビジョンは立体視が苦手
  2. 左右差を合わせる処方と、あえてずらす処方を知る
  3. 遠近両用眼鏡に慣れないからと言ってモノビジョンが良いとは限らない

ポイント

50代以上で視力の左右差が2D以上ある場合はバランス調整は慣れにくいのでしないでOK。

 

 

検眼をしているといろんな目の状態のお客さんが来店されますが、

基本的に視力さえ出るならどんなバランスに今まで慣れていて、

今回はそのままで行くのか、少しだけでも変えるのか?


変えた時のメリットとデメリットを伝わるように説明できれば

恐れることは何もないです。

 

 

複雑な目の状態で、視力が変動するような不安定なら眼科さんコースですし、


複雑な目の状態の人はバランスを気にしないことが多いのでなるべくお客さんの普段のバランスに近い状態での

処方をしてみると良いかもしれませんね。

 

「最小錯乱円」を意識した乱視装用の考え方「処方テンプレート」を紹介します

眼鏡屋が視力検査で知っておくべき「処方テンプレまとめ」初心者にもわかりやすく解説

老眼の見え方はどう合わせる?老眼検査は距離を理解すれば処方は意外と簡単!!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

karasui

はじめまして カラスイです。 眼鏡販売の会社で働きながらブログを書いています。 日常で使える心理学を少しでも学ぶことで、対人関係で起こるほとんどのことは好転する!をテーマに「時間管理術」「子育て」「恋愛」をイージーモードにする方法を紹介しています。 眼鏡屋関係の方が役に立つnoteは下の緑ボタンより           ⬇️

-視力検査
-

© 2024 そらブログ Powered by AFFINGER5