「QDレーザーレティッサディスプレイII」を使ってみた体験感想や価格を紹介します - そらブログ

「QDレーザーレティッサディスプレイII」を使ってみた体験感想や価格を紹介します

  1. HOME >
  2. 生活 >

「QDレーザーレティッサディスプレイII」を使ってみた体験感想や価格を紹介します

スポンサーリンク

 

一般的にあまり知られていませんが人の視力には限界値があり、

眼鏡のレンズでは対応出来ない場合があります。

 

 

その人が持つ目の力や目の内部異常に影響されることがあるからですね。

 

 

今回は、目の力に影響されずに映像を見ることが可能となる最新機器を紹介します。(2022年2月更新)

 

 

 

さっそくですが、こちらがQDレーザーのレティッサディスプレイIIです。

 

少し大きな眼鏡タイプですが、プロトタイプより少し軽量化されています。

レティッサディスプレイⅡ

⬇️こちらがプロトタイプ

レティッサディスプレイ

 

株式会社QDレーザーとはどんな会社? 

 

 

まだ先の話ですが、レティッサディスプレイによる人の視覚未来革命を起こすことになるかもしれませんね。

 

  QDレーザーレティッサディスプレイⅡの体験感想や価格を紹介します

レティッサディスプレイとは眼鏡型のフレームに内臓された小型プロジェクターから光を直接網膜に届けることで

映像を見ることが出来るシステムを搭載。

 

バッテリー稼働時間が約3時間で有線

重さがプロジェクター40グラム

コントロールボックス460グラム

 

基本的に片眼対応でスマホなどでのカメラ機能を必要とする

 

実際には眼鏡部分の重さも加わるので、

まだまだ持ち歩きには向かず、PC作業や座って景色を見ることがメインとなりますね。

 

 

目の部分にあたるプロジェクターは基本的には1つなので、効き目といわれる

優先的に見やすい目(右か左)に使うといいでしょう。

 

効き目の調べ方はこちらを参照。
利き目の調べ方

 

 

片目で見るので、両目で見られるVRとはちょっと違う感じですね。

 

 

映像を見る方法はスマートフォンなどでカメラモードにして、

その映った映像がプロジェクターに投影されて見える感じでした。

 

なので映像はスマートフォンを持ったりした状態で、

カメラを見たい方向に向けて、その映像をプロジェクターで見るということですね。

景色をスマホで撮る女性

 

実はこのプロトタイプが発売になった時に、

たまたま仕事で委託販売をする機会があったので自分でも体験してみました。

 

使ってみた感想としては、

『元々自分の目で見えるならその方が楽』でしたね。

 

 

スマートフォンを持ってさらに映像が小型プロジェクターに映ったものしか見えないのでそりゃそうですよね。

 

 

プロトタイプが2018年発売で、当時50万円くらいの価格だったので

こんなの売れるんかなぁと思っていましたが、、

 

しかし!!問い合わせや体験に来られる方が結構いました。

 

 

VRみたいに景色が見えるものと思って体験に来られていたので、

 

ご意見としては

スマートフォンのカメラ範囲しか見えないのね〜

バッテリー有線で持ち歩きは難しいのね〜

的な反応が多かったですね。

 

しかし、高評価もありました。

 

「PCに繋いで、その画面がプロジェクターにそのまま映るのはいいね〜」

「視力が出ないからこんなに綺麗な景色を見られるのは嬉しい」

 

普段眼鏡をかけても見えない方からすると見やすくて良いと評判だったりして、会社用として購入される方もいましたね。

 

 

QDレーザーを購入された方の経緯を聞いてみた

余談ですが僕が直接販売した方で、ちょっと泣きそうになった話があります。

 

 

来店されたのはご本人ではなくお父さん(30代くらい)。

 

1歳くらいの娘さんが生まれつき目が見えにくい病で、

たまたまどこかの展示会でレティッサを体験する機会があったみたいなんですね。

 

試しに娘さんに見せて見ると、

周りの景色や食べ物、ご両親の顔が見えている反応をしたんですって!!

 

 

それで、今回販売をしている店舗まで来ていただいて購入してくださったという話なんですが、

 

僕も1人娘がいるので、小さい時はテレビで「アンパンマン」を見たり僕たちの顔で笑ってくれたりしてたなぁと思い出し、

なんて優しいお父さんや!!って思いました。

 

 

「でも値段まだまだ高いですよね、、」って聞いてみたところ、

「これは未来への投資なんですよ、今回購入することでレティッサを製作する会社の開発費にして

もらって、新しい便利なものを作ってくれることが自分の子供の未来に繋がるので」

って言われた時に泣きそうになりました。

 

 

お金には代えられない価値にポンっと投資できる心意気は見習わないとなぁと思った瞬間でしたね。

 

現在は価格も半分くらいになって、改良されていたのでもっと良いものが出来ることを願うばかりです。

 

QDレーザーレティッサディスプレイが普及したら眼鏡はいらなくなる?

レティッサは網膜に直接投影するので、目の調節力を必要としません。

 

実は眼鏡ってレンズを入れても必ずしも見えるわけではなく、

本人の目の力に影響されるのでレティッサは画期的なシステムと言えますね。

 

 

目の内部異常で見えない場合もありますが(緑内障とか)

 

 

今のところは価格も、かけやすさも眼鏡の方が使い勝手はいいので今すぐ眼鏡がなくなるとかはないですが、

化学の進歩によりもっとコンパクトで便利になれば(コナンくんみたいな)

眼鏡と状況に応じて使い分ける世界がくるかもしれませんね。

 

携帯電話も当時(30年前くらい?)はショルダーでしたもんね。

 

QDレーザーレティッサディスプレイの価格はこれからどうなる?

価格に関してはプロトタイプの販売から(50万円)1年後に2号機が販売されすでに半額になって24万円くらいなので、

10年以内にはVRと同様に1桁くらいにはなる予想です。

 

 

眼鏡も昔は単調なデザインしかなかったものが今やオシャレを楽しむコンテンツになるくらいですので、

開発者のみなさまには期待していきたいなと願っています。

レティッサディスプレイ体験談をもっと見る

 

「QDレーザーレティッサディスプレイII」を使ってみた体験感想や価格を紹介します まとめ

今回は眼鏡と違った角度から視覚を得るレティッサディスプレイⅡについて解説してみました。

 

 

VRと同様にこれから伸びていくコンテンツだと思いますので、化学の進歩に期待していきたいですね。

 

 

⬇️最近ではコンパクトなカメラタイプも開発されたようなので、持ち運びはそちらが便利そうです。

HDMI出力端子を標準搭載したアクセサリーカメラ

 

 

不正乱視対応に​RETISSA メディカル(近日発売)や、

さらに使い心地を高めたチタン形状が発売されているようですのでチェックしてみましょう。

 

オプションフレーム

 

⬇️レティッサⅡの体験はこちらで可能なようですので、興味のある方は1度お問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

レティッサ2体験場所一覧

「ノーズフリー」は眼鏡市場の人気商品!普通の眼鏡と何が違うの?口コミ評判

 

  

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

karasui

はじめまして カラスイです。 眼鏡販売の会社で働きながらブログを書いています。 日常で使える心理学を少しでも学ぶことで、対人関係で起こるほとんどのことは好転する!をテーマに「時間管理術」「子育て」「恋愛」をイージーモードにする方法を紹介しています。 眼鏡屋関係の方が役に立つnoteは下の緑ボタンより           ⬇️

-生活
-

© 2024 そらブログ Powered by AFFINGER5