「逆算力とは?」逆算思考で目標設定をすると結果はこんなにも違ってくる!! - そらブログ

「逆算力とは?」逆算思考で目標設定をすると結果はこんなにも違ってくる!!

  1. HOME >
  2. 生活 >

「逆算力とは?」逆算思考で目標設定をすると結果はこんなにも違ってくる!!

スポンサーリンク

 

みなさんは何かやることを始める時、どのような目標の立て方をしていますか?

 

なんとなくできそうなことから始めてるかな〜

 

ぼんやりと動き出す前に少し時間をかけてでも全体像をかためてみる方が良いですよ

 

 

まず結論から、「逆算力」とは、計画通りにアクションを起こすことで最短最速で目標を遂行するために必要な考え方です。

 

筆者紹介

カラスイ

  • カラスイという名義で日常心理学を発信中
  • 覚えの悪さを継続力で全てカバーして生きてきた
  • 7歳になる娘と楽しく成長中

 

 

この記事は、こんな方におすすめ

  • 漠然とした目標はあるが、何から始めたらいいかわからない
  • いつも「めんどくさい」に負けてしまい腰が重い
  • 目標を立てても継続できない

 

人は自分の中にひそむ強力な「めんどくさがり」に打ち勝つために、

しっかりとした目標の視える化」と「強制さ」が必要になってきます。

 

 

この記事を最後まで読むことで、「目標なんて何もないしめんどくさい」とか、本気だそうか悩んでいる人」が

実際どのように順序立てて行動すれば目的をくじけずに達成することができるかがわかります。

 

 

では、目標を達成するための逆算力」と具体的な目標の立て方」について解説していきますね。

 

⬇️参考記事を無料で試し読みする

年収と仕事の効率を劇的に上げる 逆算力養成講座

逆算力 成功したけりゃ人生の〆切を決めろ

夢をかなえるゾウ1

 

「逆算力」は、なぜ必要なのか?

まずは人の時間は有限である」ということから始まるんですけど、

何かをしたいと思った時に「年齢の制限」や「肉体の限界」など様々な問題が出てきます。

 

本当に何かをしたいと思った時に、これらのことが原因で自分の幸福への道が

閉ざされてしまうことはとてももったいないことなので

逆算的に目標を立てることは、とても大切になってきます。

 

 

しかし大抵の人は、

 

めんどくさいし具体的な目標なんて必要ないよ〜

 

若い頃って時間は無限にあると思っちゃいますよね

 

 

そもそもなんでこの思考になるかというと

社会や、ほとんどの学校では、少し先の未来の目標を無理やり立てさせることを強制し、

進路の意味や人生の幸福観を教えられないからなんですね。

 

 

「何がしたいか?」なんて大それた人生の目標を、小学校中学校なんかで持っている人は一部の人だけです。

 

目標なんて、本当はなんでもいいんですよ。

 

極論「なんとなく幸せ」に生きていければいいんですからね。

 

 

しかし、その「なんとなく」にも目標は必要なのです。

 

 

大きな夢を持っている人は、小さい頃からスクールなどで元々「目標への逆算」を

ちゃんと指導されています。

 

 

 

ではなんとなく幸せ」になるために必要な目標とはどうすれば良いのか?

 

それは、

好きなことを見つけるためには、嫌いじゃないものを残す」

ということです。

 

 

「好きなことなんてなんもねーし」という方にも、「嫌いじゃないもの」って

何かあると思うんですよ。

 

 

これは実際僕が学生時代この状態で、勉強の意味とか進路の意味とか誰も教えてくれず

そういうものなんだ」としか言ってくれなかったからです。

 

 

 

今僕がその時の自分と話せるなら、ムリに学校とか行かずにやりたいことしていいよ」って

言いたいです。

 

 

実は学校って決まっている簡単な「目標」があるから「楽」なんですよ。

テストとか授業を受けるとか、、

 

普通の人は学校行かなくていいって言われて遊びまくっていたら

「学校行く」って言い出します。

 

友達も学校だし、部活も学校にありますからね。

 

 

 

人は「自由」を与えられると不安になり、コミュニティに属したくなる生き物です。

 

なので「1回自由になってみる」と見えてくるものがあるということですね。

 

 

 

その先に「自分は部活がしたかった」とか「真剣にゲームがしたくなった」とか

本質的な「やりたいこと」が見つかるのです。

 

そこで見つかった嫌いじゃないもの」をまずは目標とし、

「何歳までに〇〇をする、そのためにはいつまでに〇〇をする」

今の自分までさかのぼり、じゃあ今日は何をする?」ということを考えてみましょう。

 

 

その目標に対して学んでいくことが最初にする逆算」になるのです。

 

とはいえそれがめんどくさいんだよ〜という方は、まずは「めんどくさい」という自分の中にある敵を

倒す練習から始めてみましょう。

継続力をつけるにはどうしたらいい?めんどくさがりでも継続力がつく5つの方法

めんどくさいに勝つためには「そんなばかな」と思うある行動が効果的!?

 

「逆算力」をつける為に、マンダラート表を活用する方法

具体的な方法でよく利用されるのがマンダラート表です。

アスリートの方たちがよく使っているマンダラート表を使うと、目標の視える化ができます。

 

マンダラートの技法を考案したのは、

(株)ヒロ・アートディレクションズ代表取締役である今泉浩晃氏。

 

マンダラートとは仏教に登場する曼荼羅(マンダラ)模様に由来するもので、

曼荼羅とアートを組み合わせた造語のこと。

 

曼荼羅模様のようなマス目を作り、

そのマス目1つ1つにアイデアを書き込むことでアイデアの整理や拡大などを図り、

思考を深めるものです。

 

紙と鉛筆さえあればできるため、

手軽な発想法・思考法としてさまざまなシーンで活用されています。

 

 

ちなみに、メジャーで大活躍中の大谷翔平選手が高校時代に立てていたマンダラート表です。

最近ではマンダラートアプリなんかもあるので、紙すら面倒だという方は

マンダラートアプリを活用するのもいいかもですね。

 

 

一応アプリもありますが、僕的には手書きをオススメしています。

 

 

面倒でも手書きの方が絶対記憶に残りやすいですし、達成していく過程を楽しめるのと

脳が活性化される気がするので、、、

 

 

マンダラート表の目的は、8つの枠を「無理やりにでも埋める」ことで、

固定観念を取り払い、アイデアを絞り出す習慣をつけるところにあります。

 

 

 

マンダラートによって目標が達成できる最大の理由は、

自分が問題意識を持っていることに関してその実現のための具体的なアクションが分かること

 

 

ふだん頭の中でなんとなく考えていることをマンダラート表で活用すると、

  • どんなことを考えているのか
  • 優先すべきものは何か
  • 思考漏れはないか

といったことを視覚的にチェックできます。

 

 

マンダラート表を用いれば、問題解決や夢の実現のためのアクションプランに

思考を整理しながらどんどん近づけます。

 

 

これがマンダラートで目標が達成できる理由といえますね。

 

マンダラート表の使い方は、シンプルにやることが視えるようにする

マンダラートチャート表PDF

  1. 紙に縦3マス×横3マス、合計9マスのマス目を書く
  2. 中心のマス目に、これから思考や発想を深めたい課題を書き込む
  3. 課題を書いたマス目の周りのマスに、課題に関連した語句を思いつくままに記入
  4. 9マスすべてを埋めたら、課題以外の8マスの中から1マスを選択し、そのマスに記入されていた語句を別紙に書いたマンダラート中心のマスに転記
  5. 新しいマンダラートは3の手順に戻り、そこから繰り返す

まずは抽象的な目標を考える

はじめの9マスを埋めて表を広げていきましょう。

 

 

その後に徐々に具体的なマスを埋めていき、自分の頭の中はどうなっているのかを

視えるように絞り出していきます。

 

 

91マスなるべく全て埋められる目標を書き、

行動を起こしながら修正してマスを埋めていきましょう。

 

逆算する時に、大きな目的は動かさない

大前提として、ど真ん中の大元である目的は動きません。

 

 

もし違う大きな目的を思いついたのであれば、もう1つマンダラート表を作成し

並行して行動できなければ新しいマンダラート表を活用していきましょう。

 

 

この目的は、「何かになりたい」とかでなくて

〇〇に旅行に行く」や「会社で役職につく」とかでもOKです。

 

本質として、自分の人生を楽しく過ごすためには何をすればいいのか?を

具体的に視えるようにすることが目的ですので。

 

逆算力を身につける為に、小さな目標は常に動かす

大きな目標は動きませんが、小さな目標(行動目標)は常に変化していきます。

目標までの道のりは直線的ではなく、曲線的になることが多いことを覚えておきましょう。

 

これは固定観念の話ですが、「〇〇するためには〇〇をしないと無理」

と考えるのではなく「〇〇の方法では無理だけれど、〇〇の方法を試してみよう」

という柔らかい思考が重要です。

 

 

目標を達成するためには手段を選ばない(もちろん法的にOKな範囲で)ことが大切で、

「見栄や恥」といった感情はこれらの邪魔になりやすいので、中途半端に動けなくなる前に

この「見栄と恥」を感じないようにマインドチェンジしていきましょう。

 

⬇️恥を力に変える方法はこちらの記事を参考にしてみてください。

恥の感情を知ることで「爆発的にポジティブな行動源」となる心理学を解説

 

逆算思考の変化に慣れる為には習慣をつける

大人になればなるほど思考は楽な安定処理思考になっていきます。

 

仕事などで歴を積むと慣れた作業は何も考えなくても給料がもらえますが、

思考停止するので成長を止め退化していきます。

 

 

「人生の幸福論」とは、

常に新しいことを見つけられる思考とそれに伴う行動力だとされています。

 

 

同じ日々の繰り返しは1番楽ですが、時代の変化に対応する力を失います。

 

 

たまに自分の価値観でしかものを話せない人がいますが、その典型ですね。

そんな人ほど自分の「常識」を振りかざして周囲を困らせます。

 

現代社会において変化に対応する脳の柔軟性を持つことは必須スキルです。

 

どんな小さなことでもいいので、日々の中で新しいことを見つけられる思考」

小さな幸せを感じられる思考」を持つセンサーを磨いておきましょう。

 

⬇️継続力を身につけるための簡単な習慣つけはこちらの記事を参考にしてみてください。

継続力をつけるにはどうしたらいい?めんどくさがりでも継続力が上がる5つの設定

 

「逆算力とは?」逆算思考で目標設定をすると結果はこんなにも違ってくる!! まとめ

今回は「逆算力」と具体的な「目標の立て方」について解説しました。

 

大きな目的がある人(プロ選手とか)ほど早い段階で逆算していくことが大切ですが、

日々を楽しく過ごしたいということも大きな目的です。

 

 

では初めにすることは何か?

 

自分が「嫌いじゃないもの」を見つけるために

1度自由にやりたいことをやってみて、

その中で「飽きなかったもの」をまずは目標にして「逆算」してみましょう。

 

 

やりたいことを見つけられる人は人生を楽しもうとしています。

人生が楽しくないと思う人は、誰かに依存していたり、人にやらされていたり

人に言われたことを嫌々しているからです。

 

 

今は部屋の中でもPCがあればなんでもできます。

 

大事なことは、

自分だけのために日々を過ごさず、誰かのために日々を過ごすと目標が生まれ、

行動する力になるのが「人」だということですね。

 

⬇️参考記事を無料で試し読みする

年収と仕事の効率を劇的に上げる 逆算力養成講座

逆算力 成功したけりゃ人生の〆切を決めろ

夢をかなえるゾウ1

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

karasui

はじめまして カラスイです。 眼鏡販売の会社で働きながらブログを書いています。 日常で使える心理学を少しでも学ぶことで、対人関係で起こるほとんどのことは好転する!をテーマに「時間管理術」「子育て」「恋愛」をイージーモードにする方法を紹介しています。 眼鏡屋関係の方が役に立つnoteは下の緑ボタンより           ⬇️

-生活
-

© 2024 そらブログ Powered by AFFINGER5