不同視のメガネ処方をわかりやすく解説します『不同視 混合性乱視編』 - そらブログ

不同視のメガネ処方をわかりやすく解説します『不同視 混合性乱視編』

  1. HOME >
  2. 視力検査 >

不同視のメガネ処方をわかりやすく解説します『不同視 混合性乱視編』

スポンサーリンク

 

今回は検査時にたまに出会う「不同視」「混合性乱視」について、

ビビらずに視力検査するテンプレを記述していきます。

 

ややこしそうですが、こちらも法則を少しあたまに入れておく

臆することなく処方できるかと思いますので、

頑張って覚えてみましょう。
(ポイントを押さえれば、そんなに難しくないですので) 猫が見つめる

不同視のメガネ処方をわかりやすく解説します『不同視 混合性乱視編』

不同視の特徴は、右目と左目の視力に大きな開きがあり、

物を両方の目で見ることが苦手な状態のことを指します。

 

たとえば右目の視力が1.0で、左目の視力が0.5とかそれ以下のことですね。

 

数値で表すと2Dの差(-0.25刻みの場合-2.00)がある場合のことを言います(8段階差とか)

右目の完全矯正値が-2.00で左の完全矯正値が-4.00とかですね。

 

 主な原因としては、効き目やよく使う方の目ばかりを駆使し過ぎることにより

反対の目が働かなくなってしまっている場合が考えられます。

子供の視力測定

かくゆう僕も乱視がある不同視で、ほとんど右目に頼って見てしまい、

近距離は両目だとピントを合わせるのがめちゃしんどかったりします。

 

夕方くらいになると、酔ってきたり(車酔いとかにも関係あるのかな?)

近距離の作業を長時間した後は、遠くのピントを合わせるのが遅くなったりします。  

 

ですので、あまり眼鏡をかけるのが好きではないのですが、

見えにくい方の目に少しだけ度数を入れた眼鏡をたまにかけたりして

視力が下がらないように練習しています

 

小さなお子さんだと『不同視弱視』と言われ、

視力が出にくくなることもあるので、 アイパッチなどでわざと見やすい目を隠して

反対側の目を使う訓練などをすることもあります。

 

3歳検診とかでわかることもあるそうですが、

見落とされることもあるので、 お子さんが目を細めたりしてテレビなどを見ていたら

注意して見てあげてください。  

出来ればすぐに眼科さんに相談がおススメとなります。

子供の視力測定

混合性乱視とは?

近視性乱視や遠視性乱視の場合、符号がマイナスか(近視)プラス(遠視)に統一されます。

 混合性乱視の場合はS面がプラスC面がマイナスの表記になることが多いです。

 

ややこしいので、簡単な覚え方

S面がプラスC面の数値がS面より大きい場合

でいいと思います。

例えば S+2.50C-3.00とか、S+0.50C-1.50とかですね。

理屈などは眼鏡光学の座学になるので、「そういうもんなんだな」くらいでOKです。

 

特徴としては、目の力があればピントが合わせられるが疲れやすい。

目の力がなくなると物がたくさんダブってみえちゃうとかですね。

 

老眼とか入ったら大変だろうな、、

おじさんの視力測定

不同視の処方テンプレ ートを解説

さて、では不同視の検査処方のテンプレを解説していきます。

 

本来眼鏡の基本的な考え方としては、左右のバランスがある程度均等になっていて

負担のバランスを半分にしてあげるイメージですが、

 

不同視はそもそも両目で見ることが苦手なので、

同じバランスにすると逆に物がダブって見えたりします。

 

なので、 不同視の基本的な考え方

利き目、もしくは今までベースとして見ていた視力の良い目を基準に考えて、

反対側の視力をどこまで差を減らしながら処方するか?です。(ややこしく聞こえる、、)

例を出していきますね。

 

例えば⬇️

裸眼で右目が利き目 右目視力1.0左目0.5の場合


右目には度数なしで処方し、左目に0.7か0.8くらいになる度数を入れます。
その人の調節力にもよりますが、 完全矯正値 右目-0.25 左目-2.50 とかの場合

本来なら-2.00とか入れたい所ですが
不同視の場合は入れるのは半分以下の-1.00くらいからでOKです。

おそらくこの数値でも違和感がすごいと思いますが、

これで視力が0.7くらいならがんばってもらわないと左目の視力なくなりますよ!!
くらいは言ってあげた方が親切だと思います。

もし乱視だけが完全矯正値で-3.00くらいなら-1.00入れるか入れないかくらいでOKです。

詳しくは乱視処方テンプレを参照してください⬇️
視力測定スキルで知っておくべき処方法則とは?乱視編

目が疲れている女性

イメージとしては 若い方(20代)はある程度利き目に近づけても大丈夫だが、

無理に差を埋めようとせず 利き目優先で無理ないぐらいの左右バランス

目指す方が良いと思います。

 

  年配(40代)の方はもう慣れられないので、

左右バランスは無理せず、そのままのバランスで この先も過ごしてもらいましょう。

 

おそらく老眼の兼ね合いもあり、

モノビジョン(片目で遠くみて、片目で近く見る)になっていることを教えてあげて、

今後の視生活のアドバイスをしてあげましょう。

モノビジョンについてはまた今度書きますね。

ノリの良い男性

視力測定スキルで知っておくべきテンプレ○○とは?遠視編

混合性乱視(ミックス)処方テンプレート

混合性乱視についてですが、

こちらの基本的な考え方は

主にKBがある前提の検査が多くなると思います。

 

ちなみに、、KB不持参の場合は目安がわからないので

完全矯正値の

S面6割とC面3割くらい入れた時の視力の出方を確認し、

『どのくらいどこが見たいか?』をしっかりと問いかけて数値を入れていくしかないです。

KBがある場合は、

KB数値と今回の完全矯正値を比べて

S面はあまり動かさずC面(乱視)の残余度数を入れる(まだ入れても良い残り度数)方が

無難かと思います。

 

ここで大事なのが、今回の用途が何か?をしっかり聞くことが大事です。

 

では、KBがある場合の法則を紹介します⬇️

遠方を重視する場合は、

長年使っているS面度数は動かさず、C面で調整する。

例えば⬇️

50歳
KB遠近4年使用
KB度数S+1.00 C-1.50 AX180 ADD2.00
今回の完全矯正値 S+1.75 C-2.50 AX180  ADD2.50

主訴 遠く見えにくいので遠く見やすくしたい
の場合

この場合はS面を+よりに変えると手元は見やすくなるが、
遠くが見えにくくなる場合が多い。

なので乱視の残余度数が-1.00あるので、半分の-0.50入れて変化を伺いましょう。
処方例としてS+1.00 C-2.00 AX180 ADD2.00とかですね。

もちろん望むならC面をさらに-0.25かS面を+0.25ずつ上げても良いと思います。

これは最小錯乱円を座学として学ぶと、なぜその数値を入れるのか?
とかがわかるかもしれないですが、 興味なければ『残余度数の半分入れると見えるんだなっ』てことを覚えておけばOK

置かれた眼鏡

また、中間距離や近方を重視する場合は

S面にS面に+度数を少し足すことで加入を無駄に上げずにする処方例を記載しますね。⬇️

50歳

KB遠近4年使用
KB度数S+1.00 C-1.50 AX180 ADD2.00
今回の完全矯正値 S+1.75  C-2.50 AX180  ADD2.50

主訴 遠くは多少見えにくくても良いので、近くを見やすくしたい の場合

初心者は加入を2段階上げるだけの処方が目立ちますが
遠近両用の年齢別加入度数が入り過ぎていることに気づいて、

S面に+0.25か+0.50を入れる方が
歪みを抑えながら手元が見やすくなることを 覚えておきましょう。

あとはお好みで、C面も-0.50入れるとさらに良いかと思います。

中近両用の場合も同じ考え方でS面を動かしましょう。
もちろん遠くをもう少し見たいとなった場合はADDを上げるしかないので
S面とADDを少しずつ上げた妥協点を探してあげましょう。

年齢別加入度数参考⬇️
視力検査で知っておきたいテンプレ処方スキルとは?老視編 並んだ眼鏡

不同視のメガネ処方をわかりやすく解説 まとめ

今回は少し変則的な目をした方の処方について記述しましたが、

特にビビることなく考えられるようになったのではないでしょうか?
(まぁ、すぐには無理ですよね、、)

たまに来店される目の状態ですが、実践理論としてはよく使います。

 

大事なことは ご自身が測定された時に

ふと、『あ、確か数値の残り半分入れるんだったっけ?』

くらいでも覚えていればOKだと思います。

自身の経験とプラスしていただき、

より精度の高い検査を出来るようになると良いですね。

僕もこれからも日々精進していきたいと思います。 

「モノビジョン」はとても疲れやすい!!測定時の注意点を解説します

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

karasui

はじめまして カラスイです。 眼鏡販売の会社で働きながらブログを書いています。 日常で使える心理学を少しでも学ぶことで、対人関係で起こるほとんどのことは好転する!をテーマに「時間管理術」「子育て」「恋愛」をイージーモードにする方法を紹介しています。 眼鏡屋関係の方が役に立つnoteは下の緑ボタンより           ⬇️

-視力検査
-

© 2024 そらブログ Powered by AFFINGER5